スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -
<< 非常識ですよ | 気が散って… >>

アーチェリートレーニング

和田 アーチェリー修行 失投減へ集中力鍛錬

 アーチェリーで一発病を克服だ! 福岡ソフトバンクの和田毅投手(25)が22日、宮崎市生目の杜運動公園で行っている自主トレを公開した。マウンドでの集中力を高めるため、新たにアーチェリーを練習メニューに導入。メンタル強化で失投を減らし、昨季リーグワースト4位だった被本塁打の大幅削減を目指す。この日もブルペンで立ち投げで44球を投げるなど調整も順調で、勝利数も20勝の大台を目標に設定した。

 初速150キロの矢が次々と的を貫いた。呼吸を静かに整え、和田が約2時間にわたって弓を構え続けた。5色に塗り分けられた直径80センチの的との距離は、あえてマウンドと同じ18・44メートルに設定。集中力を極限まで研ぎ澄ませて、約100本の矢を放った。

 「心も体も最後の一瞬まで集中しないと、的に当たらない。捕手のミットを的に置き換えれば、ピッチングに通じる部分は多い。ここぞという場面の集中力に必ずつながるはず」

 早大の同級生で、個人契約を結ぶ土橋恵秀トレーナーの発案でアーチェリーに初挑戦。最大の目的はメンタル強化による一発病の克服だ。被本塁打は昨季もリーグワースト4位の18本。一発に直結する失投を“異業種トレ”で減らす。

 和田は失投の原因を幾つか挙げる。(1)ストライク、ボールの際どい判定(2)いい球を打たれた直後(3)球が本番で全くいかない−などだ。「こんな時は心が乱れやすい」。精神が体に影響する危険性は知り抜いている。
 だからこそ、的を見据える視線は真剣だ。「まだ5回目ですが、ここまで打てるのはさすが。さすがにプロアスリートだし、何よりも目的がしっかりしている」。指導する宮崎県アーチェリー協会の荒瀬悟朗事務局長(61)も驚きを隠せない。

 肉体的にも投球に通じる。「広背筋の動きなどで投球動作と共通する部分が多い」と土橋トレーナー。昨オフは相撲のしこなどを取り入れて下半身の縦の軸をつくり、今回は弓を引き絞る動きで横の軸を強化した。

 週2回のアーチェリーを含めた1日7時間の猛練習で、仕上がりは順調だ。この日は立ち投げを44球。「ブルペンはまだ3、4回目だし、下半身の使い方を確認しただけ」と笑うが、スピンの効いた球筋はすでに「7割の状態」。2・1キャンプインへ死角はない。

 「足を痛めた昨オフと比べると、体力面は雲泥の差。昨季は4、5月は捨てていたが、今季は開幕からビシッといける。目標は20勝。(自己最多タイの)昨季の14勝は当然上回らないと」

 シーズン後の11月には北京五輪アジア予選も控える。「プロも日本代表に選ばれるなら、それだけの成績は残しておきたい」。4年ぶりの日本一奪回、そして金メダルへの道…。鍛え抜いた集中力で2007年を充実の1年にする。 (相島聡司)

=2007/01/23付 西日本スポーツ= 2007年01月23日11時19分

昨日の和田のアーチェリートレーニングについての記事です。
写真はこちらから。中々様になってますねー。そして、相変わらずの投球中の変顔
球界のナンバーワン左腕になってほしいです。(いや、なれるはずなんだけどさぁ)
Posted by 液体キャベツ(仮) * comments(0) * trackbacks(3)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク * - * -

Comments

Comment form




 

   

Trackbacks

裨黶 譫瘉鱚諷 琿琺邇竡 驟襃  at 2009/08/20 6:14 AM
裨黶 譫瘉鱚諷 琿琺邇竡 驟襃
裨黶 譫瘉鱚諷 琿琺邇竡 驟襃
蓁鱶 齣謫竏 蓿  at 2010/05/23 5:12 PM
蓁鱶 齣謫竏 蓿
蓁鱶 齣謫竏 蓿
褌韃蓁 粳 痼齏鉗 髓鉗褂  at 2010/06/21 7:59 AM
褌韃蓁 粳 痼齏鉗 髓鉗褂
褌韃蓁 粳 痼齏鉗 髓鉗褂

Trackback url: